0年 0月 の投稿一覧

ダイビングライセンス取得してからのサポートが楽しむコツ・新宿

P2140028

こんにちは。
和田です。

昨日、学科受講のTさん、

海の話やら、
どうしたら上手くなる、
どうしたら楽しく続く・・・

なんて話していたら、
予定の時間を大幅にオーバー、

でも、
Tさん、
「僕のダイビングスクール選びは間違ってなかった!」

とお褒めのお言葉をいただきました。

正直、嬉しいです。

今日は、

昨日、江口が海洋講習を担当した
Sさんがご来店、

ダイビング楽しんでいけそう?
との質問に、

「はい、昨日はめちゃくちゃ、楽しかったです!

耳抜きに不安ありましたが、

全く大丈夫でした!続けれそうです!」

と嬉しいそうな表情でこたえてくれました。

ダイビングを続けて楽しめるお手伝い、

環境つくりが、WITH新宿の使命。

ライセンス取得(Cカード取得)は、

ダイビングを楽しむためのスタート地点。

スタート地点に立つためのお手伝いも
私達の役目ですが、

それ以上に、

継続して楽しめるお手伝いをしていくスクールが、

WITH新宿です。

そんな使命に、激励をTさん、Sさんから
いただけました。

ありがとうございます!

 

 

ナイトダイビングも楽しめる新宿のダイビングスクールはアフターケアーで評判

P5050009

 

こんにちは。
和田です。
今日もいい天気ですね!
GWも
ダイビングに集中して
一気に
レベルアップまで!
という方もいましたね。

本日は、
「フローダイビング」というのを
ご紹介します。

日経の電子版記事
http://www.nikkei.com/photo/special/article/?ng=DGXZZO69097230Z20C14A3000000&uah=DF270920129168

いつものダイビングと違う
不思議な感覚、神秘的な海の世界を
楽しむことができる
「フローダイビング」

特殊なライトを使うと
生物がこんな感じで見れます。
http://www.fluodive.de/Galerien/BildDesMonats/
WITH新宿でも
この「フローダイビング」ツアーを
昨年同様企画しました。

伊豆では、フローダイビングを初心者から
楽しむには、
光りやすい生物がたくさんいる、

ナイトダイビングが安全に出来る
浅くて、地形も簡単

などなど、

ストレスなくフローダイビングが
楽しめる場所は
限られてきます。

そんな条件が揃うのは、

やはり東伊豆富戸。

7月25日(土)夕方~
東伊豆富戸で開催します。
(宇佐美から30分)

この富戸は、
普段は、15時半以降はダイビングできません。

今回、特別にこの日だけ、、
富戸の漁協が許可、
サンセットダイブ(日没~19時半)が
可能になりました!
徐々に暗くなる中、
特殊ライトを使うと、
富戸の海に群生するイソギンチャク畑は
どんな風に見えるでしょうか?
とても楽しみな企画です。

昼間潜らないで
夕方から参加も可能ですが、
できれば、昼の海との違いを
お楽しみ下さい!

すでに募集開始しておりますので、
参加希望者は早めにメール
入れておいて下さい。

info@dive-abyss.jp

当日は、終了してから
帰ることもできますので
日帰り参加もできます。

また宿泊して、翌日もダイビング
を楽しむこともできます。

定員は6名様限定となります。

 

ダイビングを趣味にする、新宿のスクールならきめ細かな指導で安心

P5020017

こんにちは。

和田です。

GW楽しまれていますか?
昨日も、その前の日も
ダイビング参加のお客様数人と、
「なかなか潜降がうまくできないです・・・」
というご相談を受けました。

それだけ、
潜降や中性浮力は、
ダイビングスキルの大きなテーマでもあります。

ただ、
簡単に、すぐには出来ませんし、
上手くなりもしません。

例えば、
子供の頃、あなたは、最初から逆上がりが
うまく出来ましたか?

何度も何度も練習したかもしれません。

そして、「出来た!」

と思った瞬間があったのでは。

それでも、

その後は、出来たり、出来なかったり・・・

コンスタントに安定して出来なかったことも
あったのでは。

さらに、あきらめないで練習を続けることで
毎回、確実にうまくできるようになったのでは
ないでしょうか?
ダイビングも同じ。
まずは、出来た!
と思えるところまでは
やるのが第一段階ですね。

少しぐらい海に行った
くらいで、出来たと
思わないで下さい。

海はもっともっと面白いです!
これから、
ますます気温が上がり、
海が快適になっていきます。

初夏が過ぎ、夏が来たと思った頃には、
秋が通り過ぎ、あっという間に冬・・・」
というように、時はあっという間に
過ぎ去ります。

時間が出来たら、お金が出来たら
も大事でしょうが、
行動が何よりも重要と、
年齢を重ねるごとに実感します。

 

連休後半、楽しんでください!

ダイビングライセンス取得してマンタを見に行くなら新宿のダイビングショップ

こんにちは。
和田です。

GWのダイビングのご予約は
お済ですか?

まだ少しの空きがあります。

特に前半は天気も海況も良いので、
今からでもダイビング予約間に合います!

先週末の伊豆の海は、
春濁り(春濁りは、海が生きている証拠・・・)、
透明度は良くありませんでした。

ただ、海は穏やかで、
風も心地よく、
休憩時間も海辺のテラスでお昼寝できるほどに
なってきました。

海風が体をリラックスさせてくれます。
本当に気持ちよいです。

ところで、

石垣島のマンタが見られなくなってきた!

という事をご存知ですか?

石垣島は、
ダイバーが選ぶダイビングリゾートで、

世界第3位、
国内第1位、それも11年連続で、

そんな石垣島の人気をささえてきた
「マンタ」に何かあったんでしょうか?

私がダイビングを始めたばかりの頃は、
同じ八重山の西表島の
ヨナラ水道というポイントが
マンタ遭遇率の高く有名でした。

その頃は、石垣のマンタスクランブル(石崎)は
ほとんどマンタは見られなかったようです。

先日のマリンダイビングフェアで
石垣島から来られていた地元ダイビング業者も
マンタ遭遇率が、少なくなってきたと言っていました。

少し気になっていましたが、

新聞の記事でも
http://www.y-mainichi.co.jp/news/24753/
取り上げられていました。

正直、これから
ルールを決めても、
もう遅いかもしれませんね。

海は、自然そのものなので、
汚したり、傷つけないように
私たちダイバーは気を遣う必要が
ありますね。

そして海は一期一会、
同じポイントを潜っても
同じ海はありません。
潮も違う、生物も、水の色も・・・

毎回毎回のダイビングを
しっかり味わってお楽しみ下さい!